地元Love探検隊

店内へ入ると、棚に所狭しと並ぶワインが目に飛び込んでくる。自然派ワイン以外のワインも厳選されたものばかり。棚上には、現地生産者との思い出の写真が並ぶ

ワイン好きのための隠れた聖地、青葉台「エスポアしんかわ」

清水朋子written by

2016.02.29

青葉台駅から徒歩3分、ワインボトルの形をした看板とともに大きな“自然派ワイン”の文字が目立つ酒屋さんがあります。その何ともいえぬ佇まいから、入るまでに戸惑いながらも一歩足を踏み入れると、そこにはワインの魅力が詰まった世界が広がっていました。青葉台「エスポアしんかわ」にようこそ。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

井上さんが一時帰宅の皆さんに同行した折に撮影した、双葉町の駅前の通り。崩れた家がそのまま残っている(写真提供:井上仁さん)

3.11 福島とともに生きるための復興支援チャリティーコンサート

北原 まどかwritten by

2016.02.27

東日本大震災・福島原発事故からまもなく5年。復興は進んだのでしょうか? 福島では、原発からの距離で復興の度合いが大きく異なり、故郷に帰りたいが戻れない、そんな方々も数多くいます。震災以降、福島支援をおこなってきた井上仁さんが企画した「フクシマ復興支援チャリティーコンサート」をご案内します。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

1603with

3月の「森のマルシェネットワーク」情報

小池一美written by

2016.02.26

すっかり陽が長くなりました。晴れた日は陽のぬくもりが心地よく、木々の芽もふくらみはじめ、何かと“春”を感じる季節となりました。マルシェを楽しむのにピッタリのシーズンです。季節の野菜では、いよいよ山菜も出始めますね。春の恵みをみつけにマルシェに出かけませんか。

つづきを読む

mixiチェック

メディア掲載実績

スクリーンショット 2016-06-27 17.49.41

山形ビエンナーレ『みちのおくノート』に編集長一家が登場

北原 まどかwritten by

2016.02.25

山形ビエンナーレ『みちのおくノート』に編集長の北原まどか一家が掲載されました。

つづきを読む

mixiチェック

カトラリー1000

ウィズの森 3月ものづくり講座

森ノオト編集部written by

2016.02.25

寒さも和らいで、活動的になりはじめるこの時期、ウィズの森で新しい趣味をみつけませんか? 反面、季節の変わり目で身体の不調も出やすいころでもあります。身体メンテナンス講座も色々あるので、自分にあったものを見つけてくださいね。

つづきを読む

mixiチェック

この人に会いたい!

高速教習車用ハイブリッドカー。普通の教習車はオレンジの模様だが、赤い波のようなラインがかっこいい

実はエコ感度も高かった! 地域密着で50年「青葉自動車学校」

梅原 昭子written by

2016.02.23

お買い物に、お迎えにと子育て中のママにとって車はとても頼りになる相棒ですよね。みなさん運転技術に自信はありますか? 交通ルールを守って安全運転を心がけていますか? 藤が丘で50年以上の歴史を持つ、青葉自動車学校の総務部部長、飯田力也さんに「エコ」な視点からお話を伺ってきましたよ。

つづきを読む

mixiチェック

メディア掲載実績

スクリーンショット 2016-02-24 10.14.20

2/22『とくらく』に掲載!

森ノオト編集部written by

2016.02.22

2/15に青葉台フォーラムで開催した子ども服リユース&リメイクマルシェが東急沿線情報『とくらく』に掲載されました!

つづきを読む

mixiチェック

暮らしを楽しむ

柿の実幼稚園名物の山へ続く道も実は手づくり。たとえ年少さんであっても、天候に関わらず山に登って教室へ向かう

園児の数は日本一!?自然が育む「みんなちがってみんないい」麻生区・柿の実幼稚園

遠藤聖子written by

2016.02.22

毎朝1000人あまりの園児がやってくる「柿の実幼稚園」。広い園庭にたくさんの遊具。山にはローラーすべり台や畑があって、子どもたちと先生が元気に楽しく過ごしています。運動会や発表会、作品展などの年間行事だけでなく、日々のユニークなクラス運営も柿の実幼稚園の魅力です。いつも笑顔の柿の実の子どもたちの園生活と、それを支える小島澄人園長先生の思いを取材しました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

店舗入って右手が「ナチュラルモダン」のコーナー。105cm四方のテーブルは、4人でゆったりとごはんを食べたり、賑やかにおおぜいが集まったりする時に使える、ほかにはない逸品だ

無垢の木と自然の石が訪れる人をまあるく包み込む。家具のウッディハート、リニューアル!

北原 まどかwritten by

2016.02.18

大きくて、広くて、懐の深い桜台の家具屋さん・ウッディハートが、昨年12月にリニューアルオープンしました。真っ直ぐ、真向勝負の店構えは、やわらかく円を描いて、やさしくお客さんを迎え入れてくれるようになりました。木の家具を心から愛する、木村浩之社長にお話をうかがいました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

泉橋酒造の酒は、藤が丘と市が尾に店舗がある「酒のあさの」でも購入できる。橋場社長は「浅野さんは立派な酒屋だよ」と太鼓判!

酒造りは米作りから 海老名に酒蔵あり!泉橋酒造株式会社

小池一美written by

2016.02.17

米作りから酒造りをしている酒蔵が海老名市にあることをご存知でしたか。リポーター小池は昨年秋までまったく知りませんでした。ある日その存在を知ってしまった「泉橋酒造株式会社」。すぐに興味のアンテナがピン! とたちました。すると偶然にも、社長自ら酒造りについて話してくれる講座が地元青葉区であると知り、これはゼッタイに行きたい! と参加してきました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

さあ! 食べましょう。みんな笑顔です。美味しいごはんに会話が弾みます

2020年、地域が、地球が、大きな家族になればいいな。2016年度森ノオト総会レポ

北原 まどかwritten by

2016.02.16

2016年2月7日(日)、センター北の「森のようちえん」もあなキッズ自然楽校(横浜市都筑区)が運営する「めーぷるキッズ保育園」で、森ノオトの2016年度NPO総会・なかま会員懇親パーティーを開催しました。大人・子ども80名以上が集まり、まるで参加者みんなが大家族のようにあたたかいパーティーでした。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

(C)2012天のしずく製作委員会

3/14(月)『天のしずく』辰巳芳子“いのちのスープ”上映会 森のエコキネマVol.1 ドキュメンタリー映画を地元で楽しもう! 

斉藤 由美子written by

2016.02.12

念願だったドキュメンタリー映画の定期上映会“森のエコキネマ”が、いよいよ始まります。第一弾は『天のしずく "辰巳芳子“いのちのスープ”』。森ノオト主催の第一回目にふさわしく、「食」をテーマにしたおいしい映画です。 さあ、3/14は青葉台で“いのちのスープ”を召し上がれ。

つづきを読む

mixiチェック

メディア掲載実績

12717282_753630214737458_4213058340691832542_n

2/12『朝日新聞』に掲載!

森ノオト編集部written by

2016.02.12

2/12の『朝日新聞』朝刊で、森ノオトの取り組みを特集していただきました!

つづきを読む

mixiチェック

eco+locoエッセイ

jiyuuka01

おうちの電気どうする?! 2/21(日)「足元から電力自由化を考えよう」勉強会へ行こう!

梅原 昭子written by

2016.02.10

2016年4月から家庭の電力自由化がはじまります。自宅で使う電気を選べるようになるということで、ネットやテレビで様々な情報が飛び交っていますが、電力自由化ってそもそもどういうこと? よくわからずに、とまどっている方も多いのではないでしょうか。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

gaia

復活!あざみ野ガイア 2/12-13「ガイアシンフォニー第三番&第八番上映会」

北原 まどかwritten by

2016.02.09

宇宙と呼応する美しい地球、それをつなぐ人を通じて語るドキュメンタリー映画「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」の最新作・第八番が、今週金曜・土曜にアートフォーラムあざみ野で上映されます。地域にブームを巻き起こした「あざみ野ガイア」が5年の時を経て復活します!

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

絶品の一言に尽きる担担麺。手作り麻辣油(マーラーユ)は香りよく、辛さも程よい。砕いたピーナッツも絶妙なバランス。味も香りも食感も楽しめる、オススメの一品

大好き!!うまヘルシーな中華料理店 藤が丘「中国酒菜さいゆうき」

安藤暁子written by

2016.02.05

今回訪れたのは、森ノオトメンバーにもファンが多い、藤が丘の中華料理のお店「中国酒菜 さいゆうき」。大好きなお店のシェフにインタビューできるということで、ワクワクしながら伺いました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

はあ……なんてなんて美しいひな人形なのでしょう……。やわらかな光がツヤとグラデーションを生み出し、ランダムな釉薬によりガラスの中の金箔を上品にうつしだしている。「ガラスのひな人形」は場所や時間によりどんな色にも染まり、様々な表情をみせてくれる魅力がある。参考までに、このひな人形の大きさは……お内裏さま(11×5.5cm)お雛さま(9×5cm)。一点ものため、他のひな人形と誤差あり

障子ごしのようなやわらかな光をまとう ガラス造形作家・藤井友梨香さんのひな人形

おおかわらあさこwritten by

2016.02.04

ひな人形を愛娘に、お孫さんに初節句のお祝いとして、または小さな頃、母と一緒に飾ったり、丁寧にしまったり、姉や妹のその姿をみていたり……。ちらし寿司やはまぐりのお吸い物、菱餅、ひなあられをいただくのも美味しく楽しいひと時ですよね。ひな人形は大きさや素材も豊かで、少しずつ集めて楽しんでいる方もいるのではないでしょうか。今回は川崎市多摩区在住のガラス造形作家・藤井友梨香さんの「ガラスのひな人形」をご紹介します。

つづきを読む

mixiチェック

eco+locoエッセイ

七十二候では10月23日が霜始降(しもはじめてふる)。霜が降りた、というのも季節の移り変わりを知る、自然からの大切なお便り

寒空のもと、見つける冬の伝統色

平本奈央子written by

2016.02.02

もうすぐ立春。暦のうえでは春が始まるといえど、まだまだ冬らしさを感じる寒さですね。木々は葉を落とし、寒空のもと生き物の活動が寝静まったように感じる季節。色とりどりの花が少ないと感じるのも冬の特徴ですよね。華やかさに欠け、どことなく物寂しい感覚をもつことも多いです。そんななか冬の色の魅力を見つけるべく、寒さに負けず、お散歩して見つけた冬ならではの伝統色を、今回もおおかわらあさこさんのお写真とともにレポートします。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

森ノオトの裁縫師匠・樹里子さんがここで大活躍! くるみボタングッズは、子どもだけでなく、お母さんも欲しくなっちゃいますね

2/15(月)キュートな子ども服をGETして、地域にママ友をつくろう! 出展者情報*森ノオト発“子ども服リユース&リメイクマルシェ”

斉藤 由美子written by

2016.02.01

森ノオト発「こども服リユース&リメイクマルシェ」がいよいよ2週間後の2月15日(月)に迫ってきました。愛着のあるモノたちを、地域のママさんたちのフリマで交換して、それが循環していったらうれしいな。そんな思いで企画した「こども服リユース&リメイクマルシェ」の出展者・10組が決まりました。

つづきを読む

mixiチェック