新着エコニュース

vfm

5月の「森のマルシェネットワーク」情報

小池一美written by

2016.04.29

5月は1年でとても過ごしやすい月ですね。大型連休もあり、何かと外出する機会も増える月です。森ノオトエリアもそんな皆さんの外出意欲を更にかき立てるように、毎週いろんなマルシェが目白押しです!さあ、スケジュール帳を片手に今月の森のマルシェネットワークをチェックしてくださいネ♪

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

角田みどりさん。取材中ずっと雨にもかかわらず、この笑顔! 感謝

農業をまるごと楽しむ! 都筑区 角田(かくだ)みどりさん

明石智代written by

2016.04.28

【リポーター養成講座受講生修了レポート:明石智代】横浜では農地や野菜直売所が近くにあり、意外に地元食材を求めやすい環境が気に入っています。身近な農家の方から直にお話を伺ってみたいと思い、森ノオトでおなじみのコマデリさんの紹介で都筑区の角田みどりさんの畑を訪ねました。6年前に農業を始めた角田さん。そのきっかけと魅力について聞いてきました。

つづきを読む

mixiチェック

講演・発表実績

160428

神奈川県総合政策審議会の公募委員(北原)

森ノオト編集部written by

2016.04.27

2016年4月より北原まどかが神奈川県総合計画審議会特別委員になりました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

pola

ウィズの森 5月ものづくり講座

森ノオト編集部written by

2016.04.27

4月から新しい生活で緊張の毎日だった方は、そろそろ落ち着いて体を少し休めたい頃でしょうか。いやいや、春はやっぱり新しいことにどんどん取り組んでみたい! という意欲的な方もいるかもしれませんね。 癒し系や学び系、創作系……、今月もウィズの森では様々な講座が開かれます。ぜひ、ウィズの森の落ち着いた空間の中で、自分にあった時間を過ごしてくださいね。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

畳を敷いてキッズスペースを作ることができたさくらWORKS<関内>。子どもとともにミシンを踏む。休眠ミシン活用のプロジェクトがすすめば、この光景が定期的に見られることになるかもしれない

ミシンがつながりを生み出した「入園グッズを作る会」

船本由佳written by

2016.04.26

【リポーター養成講座修了レポート:船本由佳】横浜市中区・西区で入園・入学に必要なグッズをミシンで製作するミシンワークショップを、私が主宰する「まま力の会」で開催しました。会場にミシン数台を置き、キッズスペースも設置。ミシンのアドバイザーに来てもらい、みんなでグッズ制作をしてみよう! 計4日間開催したワークショップには、全部で20組が参加してくれました

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

保育園の送迎で毎日通る風景をバックに。私も寺家ふるさと村で一番好きな場所です

自然の中で深呼吸。寺家ふるさと村のヨガ教室「里-yoga」へようこそ。

宇都宮南海子written by

2016.04.25

【リポーター養成講座修了レポート:宇都宮南海子】冬の静けさから解放されたような寺家ふるさと村の田畑や木々。春の訪れを日に日に感じます。そんな寺家ふるさと村を舞台に昨年から「里-yoga」の名前でヨガ教室を開いた森田由里さん。自然をこよなく愛する彼女がなぜこの場所で「里-yoga」を開催するに至ったか、その想いを取材してきました。

つづきを読む

mixiチェック

暮らしを楽しむ

鶴見川流域を河口から眺めたところ。自分の住む家にシールを貼って、どの流域に属しているのかを確かめられる。目印となる建物や緑地をたどって地図の上を行き来するだけでも面白い

いのちを守る知恵。鶴見川流域センターで大地のでこぼこを感じてみよう

梅原 昭子written by

2016.04.23

水の循環に注目して地域をみてみると、面白い発見がたくさんあります。流域という新しい地図をたよりに、魚や鳥の目になって、大地の上を這うように生きるわたしたち人間の暮らしを、みつめてみませんか?

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

今年は土、水、木、といった自然の素材から学びなおすのがテーマ

2016年の新講座1・森ノオトの「暮らしの学校・エコDIY住まいラボ」。おうちやまちを、エコでジャック!

梅原 昭子written by

2016.04.22

昨年度、日立財団環境NPO助成を受けて実施したエコDIYまちづくりプロジェクトを土台にした、新たな講座がスタートします。電気やガスになるべく頼らず、自然の力を最大限に生かして暮らしたい。そんな想いを、プロの知恵となかまの力を持ち寄って実現していくプログラムです。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

取材の日は、たまプラーザのannabelle(アナベル)にて、園田さんを含む女性作家三人による展示会の真っ最中。sonor(ソナー)という名の由来は「結婚して姓が変わり、主人のメールアドレスを使っていた時、アドレス内にあった単語がsonor。それが気になっていて……たいして深い意味はないんです(笑)。それから、ソナーという単語には(単語の綴りは違いますが)“響き”や“波紋”という意味があるのも、気に入った理由ですね」

人との深いつながりから生まれたsonorのモノ作り

団桃子written by

2016.04.21

【リポーター養成講座受講生修了レポート:団桃子】10年以上前から横浜市都筑区北山田にお住まいで、子育てをしながら自宅のアトリエでモノ作りを続けてきた園田明子さん。リネンのエプロンやスカート、エコレザーを使ったトートバッグ、ルームシューズなど、シンプルでありながら存在感のあるモノ作りの魅力に迫ってきました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

「いいこと、楽しいことをしていると体の細胞が開く気がするのよ」と話すポジティブな櫻井さん。話をしていると、こちらも元気になっていくので不思議

「補食(プラスフード)で忙しいお母さんを元気に!「さくら工房・おかんDining」

牧志保written by

2016.04.20

【リポーター養成講座受講生修了レポート:牧志保】はじめての取材で緊張する私を「おかんDining(ダイニング)」の櫻井友子さんは優しく出迎えてくれました。忙しいお母さんの助けになりたいという櫻井さんの心がこもった商品が並ぶ店内には、毎日の料理が楽しくなるヒントがたくさんありました。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

こんな楽しそうな笑顔にあふれた味噌づくり♪

4月のコマデリ/今年もコマロコ味噌を仕込みました♪

小池一美written by

2016.04.19

森ノオトの読者のみなさん、こんにちは!コマデリ店主の小池一美です。春をいかがお過ごしですか。今年は桜が特に綺麗に見られた年でしたね。小池はもっぱらコマデリカーを運転しながらの花見でしたが、それでも十分たのしんでいました。これからは新緑が眩しい季節。こちらもコマデリカーの車窓から存分にたのしみたいと思っています。

つづきを読む

mixiチェック

この人に会いたい!

床はオークフローリング。一部は壁・天井にも回る(撮影:おおかわらあさこ)

4/29(金・祝)「たまプラーザのリノベーション完成見学会」開催!

山川紋written by

2016.04.18

ショセット建築設計室でデザインをした「たまプラーザのリノベーション」のマンションの一室で、4月29日(金・祝)に完成見学会を行います。子ども向けの「お家探検ツアー」も開催します。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

大人も子どもも、それぞれが、思い思いのペースで茶摘みの一日を楽しんでいる

今年こそ、農デビュー! 5/7(土)寺家ふるさと村で茶摘みイベント開催

北原 まどかwritten by

2016.04.17

寺家ふるさと村の豊かな環境の中で自然農を体験できる、NPO法人農に学ぶ環境教育ネットワークの1年が始まりました。一般の方にもたいへん人気のあるイベント、茶摘みを5月7日(土)に開催します。これを機に、皆さんも寺家での「農」デビューしてみませんか?

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

山本泰隆さんは就農10年、2児の父でもある。学者肌で、トマトの栽培技術について語り始めたら止まらない

トマトは科学、工学、哲学!? 保土ヶ谷区仏向町・山本泰隆さん

北原 まどかwritten by

2016.04.14

「やっちゃんのトマトは、すごいんだよ」と誰もが口を揃えて言う、若いのに尊敬を集めている人がいます。「濱の料理人」代表の椿直樹さんと巡る農家シリーズ、4軒目は保土ヶ谷区仏向町でトマト栽培に心血をそそぐ、山本泰隆さんです。 

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

Satoru02 「どんなにダメなキクイモも、畑に放置しておけないんです。選別場に持って行ってわけないと、あっという間にタネイモになって繁殖してしまう」

「しゃべり」に農業への熱い思いをのせる。保土ヶ谷区仏向町・山本諭さん

北原 まどかwritten by

2016.04.13

「濱の料理人」代表の椿直樹さんと巡る農家シリーズ、第3弾は保土ヶ谷区仏向町でキクイモやヤーコン、自根きゅうり、トマトを栽培している農家・山本諭(さとる)さんです。「さとるくん」と皆に呼ばれて親しまれている37歳の若き農家、諭さんは「目立ちたくてアボカドをつくってみたんです」などとうそぶきますが、その言葉の裏腹には農業に対する熱い思いが秘められています。

つづきを読む

mixiチェック

地元Love探検隊

収穫したてのビーツを手にする椿さん(左)と平本さん。イエロービーツ、レッドビーツ、ゴルゴビーツと、今日の料理もカラフルになりそうだ

生きた野菜図鑑! 神奈川区羽沢町・平本貴広さん

北原 まどかwritten by

2016.04.12

「濱の料理人」代表の椿直樹さんと巡る農家シリーズ、第2弾は「はざわ育ち」ブランドで知られる神奈川区羽沢町の農家・平本貴広さんです。キャベツのようにまんまるい笑顔の平本さんは、年間100品種もの野菜を育てていて、畑の畝ごとに色とりどりの葉っぱ、花苗と、畑自体が生きた野菜の図鑑みたい!

つづきを読む

mixiチェック

この人に会いたい!

お話ししている時の印象もとても穏やかで、清楚なイメージなのに、とにかくなんでも気になったら体が動いているタイプ。「亥年なので、猪突猛進なんです」と笑う

地域を耕す母さんVol.5 D.I.Yレディ!エスポワール松風台オーナー・土志田祐子さんインタビュー

梅原 昭子written by

2016.04.11

土志田祐子さんは、昨年森ノオトがおこなった「エコDIYまちづくりプロジェクト」のすべての講座に参加し、KUMIKIprojectプロデュースのものづくり教室「CABIN」にも通うアクティブなDIYスーパーレディ! ふんわりやさしい雰囲気を放ちながら、実はすごい巻き込み力で地域を耕してきた大先輩です。

つづきを読む

mixiチェック

メディア掲載実績

12928280_1203221896369815_6649325402826023616_n

4/7『タウンニュース青葉区版』に掲載

北原 まどかwritten by

2016.04.07

4月のタウンニュース青葉区版に、かながわ21ボランタリー活動奨励賞の記事を掲載していただきました! 

つづきを読む

mixiチェック

この人に会いたい!

取材前日も金沢に行っていたという「こども映画教室」代表の土肥悦子さん。疲れを見せず、映画への想いを熱く語ってくださった(撮影:平本奈央子)

映画が好きで好きでたまらない!「こども映画教室」代表・土肥悦子さんインタビュー

平本奈央子written by

2016.04.07

関東圏のみならず、いまや全国で人気を呼ぶ「こども映画教室」をご存知ですか? こども映画教室に参加した子どもたちの生き生きした表情、そして参加しているスタッフたちもすごく楽しそうな様子は、とても印象的です。今回は、魅力満載の活動をうみだしている「こども映画教室」代表の土肥悦子さんにインタビューをしました。

つづきを読む

mixiチェック

新着エコニュース

凛とした表情でブローチを販売する「むくどり」さん。「ブローチは19個つくりました。たくさん人が来てくれてうれしい」

こどもが社会で育つ、そんな場に。カモカモマーケット「こども店長特集」

北原 まどかwritten by

2016.04.06

毎月第4日曜日に開催を続けて4年半、3月27日(日)のカモカモマーケットは「こども店長特集」でした。親が運営したり、参加しているマーケットを、ずっと影で支え続けていた(?)こどもたちが、今回、満を持して主役の座をGET! とても素敵なこども店長たちに迫りました!

つづきを読む

mixiチェック