暮らしにもっと花と緑を

平成30年から森ノオトと青葉区との協働事業「フラワーダイアログあおば~花と緑の風土づくり~」が始まります。花と緑を通じて人と出会い、対話を重ねて、共に手を動かす。自然と触れ合いながら、まちづくりに関わることの楽しさを伝えていきます。

10/19 (土)「花端会議をはじめよう!」 塚本こなみさん講演会&花と緑の交流セッション
フラワーダイアログあおば2019 10月のプログラムは、花や緑を青葉公会堂で楽しみましょう!青葉区制25周年を花や緑でお祝いしながら、区内のあちこちで、花や緑を通じた、つながりと対話交流が生まれるきっかけをご用意しています!
ますます植物が好きになる園芸店「たかはし園芸」
青葉台に50年前から店を構える「たかはし園芸」。店内は季節の花や多種多様な苗木が並ぶ、ガーデニング好きにはたまらない空間です。植物への愛であふれる店主の高橋佳晴さんと話をしながら、次の春に向けた庭の計画をたててみませんか?
面積も栽培量も横浜一! コミュニケーションから広がる花栽培 桜台園芸 森健太さん
寒くなり、色を失った景色のなかで花は一際目を引きます。横浜市青葉区恩田町にある田んぼの真ん中のビニールハウスには、花がいっぱい。横浜市内で栽培ポット数、栽培面積、ともに1位を誇る花農家、森健太さんからお話を伺ってきました。
バラでつながり、庭と公園をまちの財産としてひらく!
花や緑があふれるまちを市民の力でつくるには、一体どうしたらよいのでしょう?2019年4月26日に荏子田太陽ローズハウスで開催された、フラワーダイアログあおば「オープンガーデンの始め方 わたしの庭を外にひらく」は、その問いに対するヒントにあふれていました。

森のなかま募集中!

メディアを寄付で支える
読者コミュニティ
「森のなかま」になりませんか?

もっと詳しく