9月の「森のマルシェネットワーク」情報
すっかり秋の気配を感じるようになりました。暑かった夏の疲れも出る頃ですね。秋の野菜には、そんな夏の疲れをやわらげたり、胃や腸内環境を調える栄養素が豊富です。ぜひ地元の旬の野菜で、新しい季節を元気に過ごしましょう!

<めぐる布市>

森ノオトのアップサイクル工房AppliQuéが開く、リサイクルファブリックマーケット。7月の象の鼻テラスでの開催された「めぐる布市」は、皆様のおかげで大盛況でした。

8月はお休みだったので、9月の開催をたのしみにしている方も多いのでは。

 

日時:9 月13日(火)-21日(水)*9月17、18日はお休み

10:00-11:30/11:30-13:00/13:00-14:30(予約制

入場料:前払い500円 (前払い、森ノオトサポーターは無料)

場所:森ノハナレ(横浜市青葉区鴨志田町818-3 )

 

 

<森ノオトセレクト・ウェブいいかも市>

7、8月はお休みしていたウェブいいかも市が、再開しますよ!ウェブいいかも市は、月に一度の共同購入スタイルで、つくり手の顔が見えて、ごみがなるべく出ない新しいお買い物を提案しています。ジモトや、サスティナブルな視点でセレクトした「いいもの」がギュッとつまったラインナップで、皆様の豊かな暮らしに寄り添います。

 

日時:9月22日(金)事前予約申込み制

場所:森ノオウチ(横浜市青葉区鴨志田町818-3)

 

 

<萬駄屋>

青葉区周辺で出店場所がどんどん増えています!萬駄屋は、スパイスアップ編集部が運営する「移動販売型超ローカルメディア」です。地域に眠っている商品・サービスを提供しながら支援する取り組みです。詳しい出店スケジュールなどはホームページをご覧ください。

 

日時:9月4日(日)11:00-14:00

場所:桐蔭学園

 

日時:9月15日(木)10:30-13:30

場所:里のengawa(横浜市青葉区寺家町522)

 

日時 9月21日(水)10:30-13:30

場所:すすき野団地集会所前

 

日時:9月23日(金)11:00-13:00

場所:アディダスフットサルパークあざみ野(あざみ野ガーデンズ内)

 

日時:9月27日(火)10:30-13:30

場所:山内図書館前

 

 

<季楽荘でプチマルシェ~秋初めしの頃~>

緑区にある「季楽荘」で小さなマルシェが開催されます。ランチボックス、スイーツ、こだわりのパンなどの食をはじめ、物販や、日本の神様守護神診断、オステオパシー&ホロソフィー施術など、小さいながら多彩な出店があります。

 

日時:9月10日(土)10:30-16:00

場所:季楽荘(横浜市緑区中山5-1-33)

 

 

<都筑野菜朝市>

都筑区では、官民が一体となって「都筑野菜」の普及を進めています。その取り組みとして、都築野菜の魅力を知って、ご近所の直売所にも実際に足を運んでもらえるように定期的に朝市を開催しています。都筑区役所は横浜市営地下鉄センター南駅から徒歩数分なので立ち寄り易さも魅力です。

 

日時:9月13日(火)、24日(土)、27日(火) 9:30-12:00(売切終了)※天候の影響等により、農作物の品薄や予告なしに中止する場合があります。

場所: 都筑区総合庁舎駐車場横通路

 

 

<あおばマルシェ>

青葉区の魅力のひとつである農業。青葉区役所では、地産地消が暮らしの中で身近に感じられるようにと、毎月第3木曜日にマルシェを定期開催しています。区役所館内で開催なので、涼しく快適に利用できるのが何よりうれしい。お買い物300円ごとにもらえるシール10枚を集めてもらえる、オリジナルエコバック、もうGETしましたか?

 

日時:9月15日(木)11:30-15:00 売切終了

場所:青葉区役所1階 ※区役所の駐車場は有料

 

 

<みんなのバザール>

横浜市都筑区で暮らす3人のお母さんが活動を開始した、SDGsかあちゃんズ!世界を変えるのはかあちゃんたちだ!と足元から行動を起こしながら活動しています。そんな彼女たちが主催するマルシェ。森ノオトのAppliQuéも出店します。

 

日時:9 月17日(土)11:00-15:00 売切終了/雨天中止

場所:早渕川親水広場(横浜市都筑区中川中央2-4)

 

 

<スプラスローカルマルシェ>

青葉台郵便局2Fにある、仕事と暮らしの新拠点「スプラス青葉台」で定期的に開催されているマルシェです。青葉台でお馴染みのお店に加え、スプラス会員さんも出店するまさに、ローカルなマルシェです。ぜひこの機会にスプラス青葉台の魅力を発見してください。

 

日時:9月17日(土)11:00-16:00

場所:青葉台駅前郵便局2F(横浜市青葉区青葉台1-13-1)

 

 

<CO-NIWAマルシェ>

CO-NIWAマルシェは、ただモノを売るだけでなく、たまプラーザに縁のある出店者や地域住民とのつながりを大切にしたいとの思いで、毎月開催されています。コミュニティ通貨「まちのコイン」も各出店ブースでもらえます。たのしくゲーム感覚で地域とつながってみては。

 

日時:9月17日(土)10:00-16:00

場所:CO-NIWAたまプラーザ(横浜市青葉区美しが丘1-8-1)

 

 

<みなきたマルシェ>

都筑区の横浜市営地下鉄・センター北駅、歴史博物館前の通りにて定期開催されている、食べて、笑って、体験できるマルシェです。ふらっと気軽に立ち寄って、ご近所と仲良くなるきっかけづくりになるでしょう。10月は音楽フェスと同日開催も予定されています。今後も目が離せませんね。

 

日時:9月24日(土)10:00-16:00

場所:横浜市営地下鉄ブルーライン、グリーンライン・センター北駅 歴史博物館前の通り(横浜市都筑区)

 

 

<軽井沢やさい館>

青葉区しらとり台のシモヤマランドスケープ軽井沢園さんのやさい直売所です。できる限り農薬に頼らない丁寧な野菜作りをしています。きれいに陳列された野菜がその仕事ぶりを物語っています。日曜日を除く毎日、朝から販売しているのでとっても便利です。お向かいの高橋豆腐店さんのお豆腐は美味しくておススメです。

 

日時:毎週月曜日~土曜日 9:00-17:00

場所:青葉区しらとり台33-1

 

 

<佐藤農園「野彩家」>

佐藤農園さんの看板娘佐藤愛美さんをはじめ、女性で切り盛りしている直売所です。8月はテレビ神奈川の「かながわ旬菜ナビ」に出演され、佐藤さんの農を通したさまざまな取り組みが紹介されました。ご覧になった方もいるのでは。

 

日時:火・水・金・土 13:00-17:00※売切終了

場所:緑区十日市場町819-10(JR十日市場駅より徒歩2分)

TEL:045-981-5239

 

 

<はやし農園>

カモジケエリアでもっとも有名な農家である林さん。丁寧な仕事ぶりは野菜やお米にもあらわれています。知識が豊富なので、ぜひコミュニケーションも楽しんでください。出店スケジュールなどはFacebook「はやし農園」をチェックしてください。

 

 

<青葉グリーンファーム>

ベッカライ徳太朗などで地元産を中心とした無農薬野菜を販売しています。名物大将の内藤泉さんは、いつも元気にお客さんを迎えてくれます。野菜に関するいろいろなことを分かりやすく教えてくれますので、是非話しかけてみてくださいね。

 

問合せ:090-8434-9656

 

 

<アートフォーラムあざみ野「まんなかのパンやさん」「アートプラザのお弁当やさん」>

日曜日に週替りでコマデリbananeira. (ドイス バナネイラ)などのキッチンカーがランチを販売しています。平日にはおいしくて、からだにやさしい、焼きたてパンがたのしめる「まんなかのパンやさん」、「しろくまのパン屋さん」の販売する曜日もあります。お立ち寄りの際は是非ご利用ください。

詳しいスケジュールはコチラでご確認ください。

 

場所:アートフォーラムあざみ野(横浜市青葉区あざみ野南1-17-3)

この記事を書いた人
小池一美ライター
横浜市青葉区出身。森ノオトのリポーター、走る!ロコキッチン「コマデリ」、焼き菓子販売「トミーヤミー」の3本柱で地元と関わりながら暮らしている。AGRUの小川穣さんとのユニット「labo2(ラボラボ)」では、食の素材と地域を楽しむ活動を展開中。
未来をはぐくむ人の
生活マガジン
「森ノオト」

月額500円の寄付で、
あなたのローカルライフが豊かになる

森のなかま募集中!

寄付についてもっと知る

カテゴリー

森ノオトのつくり方

森ノオトは寄付で運営する
メディアを目指しています。
発信を続けていくために、
応援よろしくお願いします。

もっと詳しく